自作パソコンを捨てるには?

公開日時 登録者 pcsutesute23

今のところ、パソコンを捨てる際にはそれぞれのメーカーに引き取ってもらうようお願いしなければならないのですが、自分で作ったパソコンを捨てる際には、メーカーは引き受けてくれません。
そんなときには、一般社団法人であるパソコン3R推進協会に依頼して処分を請け負ってもらってください。

パソコン3R推進協会のホームページの申し込みフォームから依頼するか、一度専用の申込用紙をダウンロードして記入した後にFAXまたは郵送で申し込みをします。
申し込みから数日で費用の支払い用紙が送られてきますので、その料金を支払います。

費用についてですが、メーカーに対応してもらう場合より、いくらか高い値が付けられています。

例を出すと、ノートパソコン、デスクトップパソコン、モニタ一体型、液晶ディスプレイが4,200円で、CRTディスプレイとCRTディスプレイ一体型が5,250円になっています。

料金の支払いが済むと、エコゆうパック伝票が届くので、パソコンを包んでからエコゆうパック伝票を貼り、業者に配送を依頼します。

このときは、個人情報などのデータは自身で削除しなければなりませんので、先に実行しておきましょう。

データ消去に特化したソフトも売られていますが、お金のかかるものばかりなので、HDDを壊してしまえば無料でできます。

パソコン本体をバラバラにしてハードディスクドライブを抜き出し、それをカナヅチなどを用いて叩いて粉砕してください。

自身で制作したパソコンを用いるときには、捨てる時のことまで考えておくと良いと言えます。