パソコンが壊れても普通のゴミのようには捨てれません!

パソコンが潰れてしまったり、新しいタイプを入手したので用済みとなってしまっても、ごみの日に普通に捨てることはできません。

粗大ごみ同様に捨てる手順を踏もうとしたときに、承認されなかったといった人もいるようです。

なぜかというと、PCリサイクル法(資源有効利用促進法)が2003年から始まっているためで、使えないパソコンもごみにするのではなく、部品などを再利用するよう定められたからです。

メーカーから買ったパソコンを捨てるときには、そのメーカーに引き取りをお願いすることになりますが、自分で作ったパソコンの場合は、メーカーに引き取ってもらうことができません。

自作のものは、パソコン3R推進協会と呼ばれる一般社団法人に処理してもらうようお願いすることになります。

どんな手順で引き取りをお願いすれば良いのかは、お持ちのパソコンメーカーのサイトを見ると書かれていますから、そこでわかることができます。

メーカーにお願いして捨てることができるのは、そのメーカー製のものだけです。

ディスプレイや本体、さらにはディスプレイと一緒になったパソコンが引き取り対象となるのが通常のパターンでしょう。

購入時についてきたマニュアルや、取得したフロッピーディスクなどのようなものは別にして自己処理します。

でも、商品を買った際に入っていたキーボードやマウスといったものは、大抵は回収してもらえるようです。

メーカーの中には依頼者自身で箱に詰めて発送するという方法をとっているところもありますが、一般的なメーカーでは運送会社が委託されて、梱包して持っていってくれます。

パソコン捨てる前にキャッシングでお金借りて復活させてみては?